[PR]

 サッカー日本代表のMF長谷部誠(33)について、所属先のフランクフルトが18日、ひざを手術する予定と発表した。長谷部は23日のワールドカップアジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦のメンバーに選ばれており、19日にドイツからUAEに向け出発。日本協会広報によると、同日夜(日本時間20日未明)に日本代表に合流し、ハリルホジッチ監督と面談して、手術や今後の代表帯同について話し合うという。

 長谷部は11日のバイエルン・ミュンヘン戦で左すねをゴールポストにぶつけ、6針縫うケガを負った。ハリルホジッチ監督は「問題ないと聞いている」として、代表に招集した。

 フランクフルトの公式ホームページによると、長谷部は17日まで練習を続けたが、けがの状態が悪化し、練習をやめざるを得なかったという。

 日本代表の監督、選手らは19日にUAEに到着した。現地で長谷部の状態を実際に確認し、今後について判断する見込みだ。(ケルン=清水寿之、アルアイン=藤木健

こんなニュースも