[PR]

 横須賀市の吉田雄人市長(41)が名刺の裏面に、市内観光の乗船料金が1割引きになる記載をしていたことが分かった。公職選挙法違反(寄付行為の禁止)の疑いがあるとの指摘を受け、今後の使用を取りやめるという。

 同市や対象となった観光業者などによると、割引になるのは「軍港めぐり」(1400円)と「猿島航路」(1300円)。名刺を見せれば、料金がそれぞれ1割引きになる。割引分の代金はいずれも業者側が負担する仕組み。実際に割引券として使った人はいないという。

 吉田市長によると、名刺は約7年前から使用し、約2600枚を配布。吉田市長は「自ら先頭に立って横須賀、地域の施設をPRする思いからつくった。認識が甘かった」と話している。

■「公選法違反の可能性」市選管…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら