安倍晋三首相は19日、神奈川県横須賀市の防衛大学校の卒業式で訓示した。北朝鮮の核・ミサイル開発や、中国軍機による領空接近の増加などを念頭に、「自らの手で自らを守る気概なき国を誰も守ってくれるはずがない。防衛力を強化し、自らが果たしうる役割の拡大を図っていかなければならない」と述べた。

 続いて、稲田朋美防衛相が「自衛隊に求められる役割や期待は一層大きくなっている。将来、幹部自衛官となる自覚を持ち、緊張感を持って任務に邁進(まいしん)してほしい」と訓示した。

 今年度の卒業生は留学生を除いて380人で、うち女性が24人。任官を辞退した学生は32人で、昨年度より15人減った。