[PR]

 安倍晋三首相は19日、ドイツ、フランス、ベルギー、イタリアの欧州4カ国を歴訪するため、政府専用機で羽田空港を出発した。5月にイタリアで主要7カ国(G7)首脳会議が開かれるのを前に、難民問題や北朝鮮情勢、自由貿易体制の堅持といった課題について各国首脳と話し合う。

 首相は出発前、羽田空港で記者団に「EU(欧州連合)のリーダーであるドイツのメルケル首相とは、ともに取り組む具体的な課題について突っ込んだやり取りをしたい」と述べた。帰国は22日夕の予定。

こんなニュースも