[PR]

 欧州連合(EU)との離脱交渉を目前にした英国で、スコットランドが分離独立を再び叫び始めた。ウェールズと北アイルランドでも、独立や分離を模索する動きが広がる。離脱交渉で英政府が各地域の意に反して強硬路線に突き進めば、連合王国解体の危機を招きかねず、メイ首相は難しいかじ取りを迫られる。

 「英国の未来像は2年前とは大きく変わった。スコットランドの未来は、スコットランドが選ぶべきだ」

 スコットランド自治政府の首席大臣で、独立が党是の地域政党スコットランド民族党(SNP)党首でもあるスタージョン氏は18日、北東部アバディーンで開かれたSNPの党大会で、こう訴えた。

 スタージョン氏は、英国のEU離脱条件が固まるおよそ2年後をめどに、住民投票を再実施したい意向だ。交渉が難航すれば独立への支持が広がるとの算段がある。

 自治政府議会は22日にも、英国からの独立を問う住民投票の再実施に同意する見込み。自治政府は前回14年の住民投票の手続きと同様に、英政府に対して、住民投票に法的効力を持たせる措置を求めていく。

 だが、EU離脱交渉に注力したいメイ首相は「今は(再実施の)その時ではない」と拒否する構えだ。

 独立やEU離脱をめぐるスコッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら