[PR]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は19日、ノルウェーのビケルスンでフライングヒルによる個人第24戦(HS225メートル)が行われ、44歳9カ月の葛西紀明(土屋ホーム)が239・5メートルと241・5メートルの448・0点で2位に入った。

 葛西が表彰台に立ったのは昨年3月以来で、自身の持つW杯最年長記録を更新した。日本選手の表彰台は今季初めて。

 カミル・ストフ(ポーランド)が466・6点で今季7勝目、通算22勝目を挙げた。伊東大貴(雪印メグミルク)は12位だった。(時事)

喜び爆発「急に自信が湧いてきた」

 1回目5位で迎えた2回目。飛ぶ直前に低いスタート位置に変更され、さらに風が落ち着くまで待たされた。「風が悪いのかなとか、不安な気持ちがどんどん出てきた」。ところが飛び出しこそ低かったが、向かい風を受けて241・5メートルをマーク。自己最長を1メートル上回る大飛行でトップに立ち、後に飛んだ上位選手の失速で2位が確定。両手でVサインをつくって喜びを爆発させた。

 今季のW杯は最高が10位と苦戦していた。上位勢との差も大きく自信を失いかけていただけに、「まさか表彰台に立てるとは思わなかった。うれしい」。得意のフライングヒルでの2位を「棚ぼた」と言いながらも、「急に自信が湧いてきた」と満面の笑みだった。

こんなニュースも