[PR]

 トランプ米大統領は19日、核・ミサイル開発で挑発を強める北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長について「極めて悪い振る舞いをしている」と強く批判した。週末を過ごした南部フロリダ州パームビーチの別荘から大統領専用機で首都ワシントンに戻る際、記者団に語った。

 ホワイトハウスによると、トランプ氏は18、19の両日、フロリダ州でマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)らと北朝鮮問題について話し合った。今後、日中韓3カ国を歴訪したティラーソン国務長官から報告を受けた上で、政権として検討している新たな北朝鮮政策について詰めの協議をするとみられる。

 北朝鮮は19日に大陸間弾道弾(ICBM)に使うとみられる大出力エンジンの地上燃焼実験をしたと発表するなど、挑発を続けている。トランプ政権として、米軍が北朝鮮の関連施設を先制攻撃する「軍事手段」を含めて圧力を強める考えを示した発言とみられる。(北京=峯村健司)