[PR]

 百条委が11日から4回にわたり、21人に証人喚問した結果、何が分かったのか。百条委の要請で東京ガスが提出した資料から、水面下の交渉の一端が明らかになる一方、交渉の中心人物だった浜渦武生・元副知事ら都側の関係者が資料の内容を「知らない」とする場面も多く、解明には至っていない。

 東ガス側の資料には、土壌汚染をめぐる交渉初期の記録が多数あった。都側の資料にはなかった内容も多かった。

 東ガス資料によると、2000年12月、土地売却をしぶる東ガスに対し、浜渦氏の一任を受けたという赤星経昭・元都政策報道室理事が「知事が安全宣言をしないと土地の価格が下がって困るだろう」と売却の判断を迫ったとされる。01年7月には、土壌汚染処理に関する「2者間合意」文書を作っていたことも初めて判明した。都が東ガスに実施を求める土壌汚染対策を、主に都条例が求める範囲に限定する内容。その後、都の土壌汚染対策費が膨らむ原点になった。

 だが、こうした資料に基づく証…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら