[PR]

 約370人が死傷したベルギー連続テロから2日後の昨年3月24日。ブリュッセル在住のモロッコ系ベルギー人のジャーナリスト、ファイサル・シェフ氏(31)は、実行犯とみなされて突然拘束された。

 爆発が起きた地下鉄駅に取材に行ったが、嫌疑は全く身に覚えが無かった。取り調べでは「爆発物はどこだ」「『イスラム国』(IS)をどう思うか」などと聞かれたが否認を続けた。

 拘束2日目の夜、独房で警官と口論になった。その後、電気が消えて警官7人ほどが入ってきた。頭や足を殴られ、意識を失った。

 「自分の血の冷たさで目が覚めた」。裸のまま、床に寝かされていたという。拘束から40時間近く、飲み物も食べ物も与えられなかったと訴える。

 拘束3日目の26日、逮捕状が執行された。「被疑者に権利はない」と言われ、靴下や靴が取りあげられた。さらに「これが必要だろう」とカミソリを置いていかれた。「自殺を促すような仕打ちだ」と感じた。

 夜には警官が独房に15分おきに来て、「お前は社会の敵だ」「社会のごみだ」と責められた。頭がおかしくなりそうだったが、イスラム教で自殺は禁じられている。思いとどまった。

 《昨年3月22日のベルギー連続テロから1年。実行犯とみられて4日間拘束された後、嫌疑不十分で釈放された男性が朝日新聞の取材に応じた。シェフ氏とみられた容疑者は、その後、別人の男が逮捕されている。シェフ氏は人種や宗教を理由にした拘束など、人権無視の対応を告発し、「イスラム教徒というだけで、冤罪(えんざい)で逮捕される人が多くいる」とも語った。その証言は、「テロとの戦い」の名の下に、欧州で行われている強引な捜査の一端を明るみに出している》

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら