[PR]

 金沢市で開かれた日本循環器学会学術集会の関連行事として市民公開講座「~笑って健康! 頭と心~認知症と心臓病」(第81回日本循環器学会学術集会、朝日新聞社など主催)が20日、同市昭和町の県立音楽堂であった。脳卒中や認知症の予防について医師らが講演し、落語家の三遊亭白鳥さんも特別講演した。

 講演では、脳卒中や不整脈について、原因の一つが生活習慣であることを説明。認知症について説明した金沢大学の山田正仁教授は「脳卒中などが認知症の原因になるアルツハイマー病とも関連していると報告されている。認知症を防ぐには生活習慣病の治療と、健康的な食習慣などが大事」と話した。

 白鳥さんが登場すると、落語とともに観客も体を動かしたり声を出したりした。老夫婦の旅行を題材とした小話で会場をわかせ、「笑いは認知症予防になる。みなさん健康で長生きしてください」と話した。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(新屋絵理)