[PR]

 米トランプ政権が、中東諸国など一部の航空会社が運航する米国便の乗客に対し、携帯電話より大きい電子機器の機内持ち込みを禁じる方針を固めたことがわかった。ロイター通信が20日、当局者の話として報じた。テロ対策の一環という。

 ロイター通信によると、ヨルダンやサウジアラビアなど10前後の国々から米国に向かう、やはり10前後の航空会社の便が対象で、米航空会社は除外される。禁止対象は機内への持ち込みで、預け入れ荷物に入れることは認められる。政府は数週間前にテロ関連の情報を入手し、対策の検討が続けられてきたという。

 ロイヤル・ヨルダン航空は同日、米当局の要請として米国に行く乗客は、ノートパソコンやタブレット端末、カメラなど電子機器の持ち込みが21日から禁止される、とツイッターで発信した。一部の医療機器は例外という。サウジアラビアの航空会社もツイッターで同様の発信をしたという。

 新しい禁止措置の詳細は国土安…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも