[PR]

 政府は21日、天皇陛下の退位をめぐる政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長=今井敬・経団連名誉会長)の会合を22日に再開すると発表した。長寿社会における退位のあり方、退位後の身位(身分や地位)、称号、敬称、待遇などについて検討するため、専門家4人にヒアリングを行う。

 ヒアリングの対象は、秋下雅弘・東大大学院教授(老年医学)▽本郷恵子・東大史料編纂(へんさん)所教授(中世史料論)▽君塚直隆・関東学院大教授(英国政治外交史)▽新田均・皇学館大現代日本社会学部長(神道学)。

こんなニュースも