[PR]

 右ひざのけがでサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦を控える日本代表から離脱した長谷部誠(33)=フランクフルト=が21日、UAEから日本に帰国した。

 11日のバイエルン・ミュンヘン戦でポストに激突。左すねを6針縫った後、一度は練習を再開した。その後、右ひざに痛みが出て、クラブの医師は手術が必要と判断した。長谷部はクラブの了解のもと、日本代表の医師の意見も聞くためにUAEに渡った。その結果、状態を精査するため内視鏡手術は避けられないと、クラブの医師と同じ意見だったという。

 長谷部は20日、帰国前に「もう一人信頼できるドクターが日本にいて、診てもらう」と話した。3者の意見を総合して今後の治療について判断する。手術の場合は日本で行う予定。長谷部は「ひざにメスを入れる可能性はかなり高い。(回復まで)どれくらいかかるかも今は分からない」と話している。

 日本代表は23日(日本時間24日午前0時半)から、アルアインでUAE代表と対戦する。(アルアイン)