[PR]

 CBCラジオ(本社・名古屋市)は21日、放送した自社番組の音声をテキスト化して記事にまとめ、専用サイトで配信する無料のサービスを31日に始めると発表した。ラジオの接触機会を広げるのが主な狙いで、在名民放ラジオ局では初めて。全国的にも珍しいという。

 サイト名は「RadiChubu(ラジチューブ)」。記事はアイドルのトークのようなエンターテインメント系のコンテンツを中心に、ライターが注釈をつけるなど1500字前後に編集する。番組URLも盛り込み、アクセスするとネット経由でラジオが聴ける「ラジコ」が立ち上がり、当該部分が聴ける仕組み。

 月間500本の配信を目指し、4月下旬以降は外部のニュースサイトにも記事を配信する予定。ネット上での「拡散」から、新規リスナー獲得を狙う。升家(ますいえ)誠司社長は「ラジオは自社制作率が高く、全国各局コンテンツを持っている。成功させて、ひとつの手本になれば」と話している。