[PR]

 高校では全国初になる女子相撲部が一昨年、京都両洋高校(京都市中京区)に誕生した。今年は、創部メンバーが3年生になる節目の年。世界での活躍を目指し、稽古に励んでいる。

 部員は2年生2人と1年生4人。相撲が好きで、岡山県や兵庫県から入学し、寮生活を送る部員もいる。立命大の土俵を借りた稽古と、ジムでの筋力トレーニングなど、週6日の練習をこなす。大相撲と違って試合は体重階級別のため、減量に挑戦する部員もいる。

 4月の国際大会は全員で団体戦(3人1組)に出場する。主将の千覚原(ちかくはら)七奈さん(2年)は、小4で全国大会優勝。一昨年の世界ジュニア選手権・軽量級で準優勝した。「相手は強いけど、誰よりも勝ちに行く」と6人で優勝を目指す。(遠藤真梨)