[PR]

(21日、WBC準決勝 米国2―1日本)

 野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米ロサンゼルスのドジャースタジアムで日本(E組1位)と米国(F組2位)の準決勝があり、日本は1―2で敗れ、2大会連続で準決勝敗退となった。息詰まる投手戦となったが、八回に守りのミスもあって取られた1点が重かった。

 【一回表】米0―0日

 日本の先発は菅野。米国先頭のキンスラーは右飛。2番のA・ジョーンズは一塁後方に飛球を上げ、中田が客席に飛び込みながら好捕。続くイエリチは空振り三振。菅野が立ち上がりを三者凡退に抑えた。

 【一回裏】米0―0日

 日本は先頭の山田が死球で出塁。2番・菊池が犠打で送り、3番・青木の二ゴロで2死三塁のチャンスに。続く4番・筒香は左翼方向に強い打球を放ったが、左飛に倒れて日本は無得点に終わった。

 【二回表】米0―0日

 米国は4番・アレナードが空振り三振。ホズマーが三ゴロ、マカチェンが遊ゴロに倒れて三者凡退。

 【二回裏】米0―0日

 日本は5番・中田が空振り三振。6番・坂本勇がチーム初安打となる内野安打で出塁したが、続く松田の三ゴロが併殺打となり攻撃終了。

 【三回表】米0―0日

 米国は7番・ポージーが左前安打で出塁。続くスタントンの打球は三遊間へ。松田が横っ飛びで好捕し、併殺が成立したかに見えた。だが、リプレー検証の結果、二塁の菊池の足がベースから離れていたと判定され、1死二塁で再開。9番・クロフォードの二ゴロで2死三塁となったが、キンスラーは三ゴロ。菅野がピンチをしのいだ。

 【三回裏】米0―0日

 日本は8番・秋山が投手ライナー。続く小林は左前安打で出塁。山田の遊ゴロで2死一塁。2番・菊池の初球で山田が二盗を成功させたが、菊池は三ゴロに倒れて無得点。

 【四回表】米1―0日

 米国が先制。先頭のA・ジョーンズは空振り三振。続く3番・イエリチのゴロを二塁の菊池が後逸し、イエリチは一気に二塁へ。4番・アレナードは空振り三振に倒れたが、ホズマーは四球で2死一、二塁に。ここで、6番・マカチェンが左前安打。二塁からイエリチが本塁にかえり、米国が1点を先行した。続くポージーは遊飛で攻撃終了。

 【四回裏】米1―0日

 日本は青木が二ゴロ。筒香は四球を選んだが、後続の中田と坂本勇がともに右飛に倒れた。

 【五回表】米1―0日

 先頭のスタントンは空振り三振。クロフォードは投ゴロ。キンスラーは右飛に倒れた。

 【五回裏】米1―0日

 米国は2番手のN・ジョーンズがマウンドへ。日本は先頭の松田が一ゴロ。一度はセーフの判定も、この試合5度目のリプレー検証でアウトになった。続く小林は見逃し三振で攻撃終了。

 【六回表】米1―0日

 米国は先頭のA・ジョーンズが左前安打。直後の二盗を、捕手の小林が好送球で刺した。続くイエリチは一ゴロ、アレナードは三球三振で攻撃終了。菅野はこの回9球で米国を抑えた。

 【六回裏】米1―1日

 日本が菊池の本塁打で同点に追いついた。先頭の山田は空振り三振に倒れたが、続く2番・菊池が右越えにソロ本塁打。米国は3番手のミラーに交代。続く青木は四球で出塁したが、筒香は空振り三振、中田は二飛に倒れ、この回は1点で攻撃を終えた。

 【七回表】米1―1日

 日本は2番手の千賀が登板。米国は5番からの好打順だったが、ホズマー、マカチェン、ポージーが三者連続三振。千賀が好投を見せた。

 【七回裏】米1―1日

 米国は4番手のダイソンが登板。坂本勇は遊ゴロ、松田は三ゴロ、秋山は二ゴロの三者凡退で攻撃終了。

 【八回表】米2―1日

 米国が勝ち越し。先頭のスタントンは空振り三振。続くクロフォードが右前安打で出塁すると、キンスラーが左中間フェンス直撃の二塁打を放ち、1死二、三塁。ここで2番・A・ジョーンズの打球は三塁正面のゴロになったが、松田が打球をはじいた間に三塁走者が生還。米国が1点を勝ち越した。なお2死三塁で、3番イエリチは空振り三振で攻撃終了。

 【八回裏】米2―1日

 米国は5番手メランソンが登板。日本は小林の代打で内川が出場し、右前安打で出塁。田中が代走で出ると、続く山田が犠打で送って1死二塁。菊池は空振り三振。続く青木は四球を選び、1死一、二塁。ここで4番の筒香は、代わった米国の6番手ニシェクに右飛に打ち取られ、得点ならず。

 【九回表】米2―1日

 日本がピンチをしのいだ。日本は3番手で平野が登板。先頭のアレナードは空振り三振。ここで日本は4番手の宮西にスイッチし、米国は5番・ホズマーが左中間への二塁打で出塁。1死二塁で日本は6番手の秋吉が登板。マカチェンを遊飛、スタントンを一飛に抑え、無失点で切り抜けた。

 【九回裏】米2―1日

 日本は5番からの好打順だったが、中田が投ゴロ、坂本勇が遊ゴロ、松田が空振り三振に倒れて無得点。1点差で競り負け、2大会ぶりの世界一はならなかった。

 勝者は22日(日本時間23日午前10時)からの決勝で、プエルトリコ(F組1位)と戦う。

両チームの先発メンバー

 ▼米国代表(先攻)の先発メンバー 1番(二)キンスラー、2番(中)A・ジョーンズ、3番(左)イエリチ、4番(三)アレナード、5番(一)ホズマー、6番(右)マカチェン、7番(捕)ポージー、8番(DH)スタントン、9番(遊)クロフォード、投手・ロアーク

 ▼日本代表(後攻)の先発メンバー 1番(DH)山田=ヤクルト、2番(二)菊池=広島、3番(右)青木=アストロズ、4番(左)筒香=DeNA、5番(一)中田=日本ハム、6番(遊)坂本勇=巨人、7番(三)松田=ソフトバンク、8番(中)秋山=西武、9番(捕)小林=巨人、投手・菅野=巨人