[PR]

 文部科学省は24日、2018年度から使われる小学校の道徳と高校の各教科の教科書の検定結果を発表した。小学校道徳は初めての検定。申請した8社の全24点(66冊)が合格したが、同省は「国や郷土を愛する」「公共の精神」などの学習指導要領の内容に従っているか、細部に至るまで検定意見を付けた。また、全点がいじめ問題を取り上げた。

 「点」は文科省が検定する際の単位で、複数学年分や別冊を含む。道徳は現在、「教科外の活動」との位置づけで、検定のない副読本が使われているが、教科になるため、授業での使用義務がある教科書を使うことになる。

 申請した8社は、道徳の副読本を出した実績がある出版社。教科書の内容は、いずれも道徳的な場面を描いた読み物の前後に、登場人物の心情理解や自分の考えなどを尋ねる設問がつく形で、うち3社は設問の答えなどを書き込める別冊をつけた。1社(6学年分)の平均ページ数は計約1083ページ。

 同省は全24点(66冊)に誤記なども含めて244件の検定意見を付け、出版社はいずれも修正した。うち43件が学習指導要領に沿った記述を求める意見だった。例えば、指導要領で学ぶこととされている「友情、信頼」といった項目だけでなく、「学び合って友情を深め、異性についても理解」など項目を具体的に説明した部分にも全て沿うよう求めた。その結果、女子2人が運動会に向けた練習をする読み物で、1人を男子に入れ替えるなどの修正もあった。

 こうした道徳の学習指導要領の記述の原型は、1958年に道徳の時間が始まった際に哲学や心理学、倫理学などを踏まえた専門家の議論を経てできた。いまの指導要領は「個性の伸長」「感動、畏敬(いけい)の念」「国や郷土を愛する態度」など22項目ある。

 いじめ関連では、ネット社会を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら