[PR]

 JR西日本の来島達夫社長は22日、朝日新聞のインタビューに応じ、乗客が少ない地方路線のバスなどへの転換が、「避けては通れない」と話した。将来の人口減を見通し、ローカル線の整理を検討する考えを示したものだ。

 旧国鉄が分割民営化されJR西日本が発足した1987年4月から、まもなく30年を迎える。

 JR各社は、国鉄から引き継いだ赤字ローカル線を廃止する場合、鉄道事業法により国の許可が必要だった。2000年の同法改正で、廃止が届け出制になったものの、路線はそれほど減っていなかった。

 だが、JR西は昨年、島根と広…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも