[PR]

 新郎新婦の写真入り商品を引き取らされたり、関係のないゴミの処分をさせられたり――。冠婚葬祭に関わる取引について公正取引委員会が調べたところ、約3割で独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の疑いがあった。結婚式の減少や葬儀の簡素化による市場縮小のしわ寄せが、立場の弱い納入業者に押しつけられている構図が浮かんだ。

 公取委は今年度、ブライダル業者や葬儀業者に3500通、納入業者に7千通の調査票を送り、それぞれ半数近い回答を得て独自に分析した。

 その結果、ブライダル業者に納入する業者からの回答のうち、38%で独禁法違反になりうる行為が見つかった。例えば、「新郎新婦の名前や写真が入ったオリジナル商品を、挙式・披露宴の出席者が予定より少なかったことを理由に返品された」や「式前日に『人前式』だったことを告げられ、派遣予定だった牧師のキャンセル費用を負担させられた」などだ。

 葬儀業者に納入する業者からの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら