[PR]

 県教委は23日、朽木のトチノキ巨木林(高島市)の自生地を県の天然記念物に指定した。

 指定されたのは、高島市朽木雲洞谷の9万8千平方メートルのトチノキ自生地。幹回り3メートル以上のトチノキが24本確認されており、最大で8・1メートルの木もある。地権者9人が指定に同意した。

 県によると、県内のトチノキの分布は、高時川源流域(長浜・余呉)、杉野川源流域(同・木之本)、安曇川源流域(高島・朽木)の3地域に限られている。

 県教委文化財保護課は、指定地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら