[PR]

 22日午後7時半ごろ、札幌市西区発寒4条4丁目の住宅で、「かまくらの中でジンギスカンをやっていたら人が倒れた」と男性から119番通報があった。駆けつけた消防隊員らが、60代の女性と70代の男性を救助。2人は一酸化炭素中毒の疑いで病院に運ばれた。

 札幌西署によると、2人は別の60代男性2人と、住宅の敷地内に雪でつくったかまくら(幅約250センチ、高さ約185センチ、奥行き約350センチ)の中で、炭火で羊の肉や野菜を焼いて食べる「ジンギスカン」をしていたという。かまくらの入り口は木製の扉が取り付けられ、当時は閉じられていたという。

 住宅の家主は4人の知人だが、旅行で不在だったという。4人は「これまでもかまくら内でジンギスカンをやったことがある」と話しているという。