[PR]

 筑波山が日本ジオパークに認定されたことを記念して、筑波山地域ジオパーク推進協議会は23日、一般公募した41のコロッケから大賞などを表彰した。

 最優秀の筑波山ジオコロッケ大賞には、つくば市の団体職員、市川洋子さん(54)のコロッケが選ばれた。筑波山の形と山を形成している黒と白の2種類の岩石を食材で表現。黒色の部分は黒米、豚肉やシイタケなどで、白色の部分は鶏肉やきくらげで表現したという。市川さんは「地元食材を通じて、つくばをアピールしたい」と話していた。

 会場となったつくば市役所では、協議会のメンバーらが大賞に選ばれたコロッケに舌鼓を打った。今後、商品化についても検討を進めるという。