大手前大学・短大(兵庫県)は23日、受験生や在学生ら計54人の入試結果や成績など個人情報を記載した書類を職員が紛失したと発表した。今のところ、情報が悪用された事実は確認されていないという。

 大学・短大を運営する学校法人大手前学園によると、職員が8日午後、書類が入った手提げ袋を持って大阪府内でJR線に乗り、下車後に袋ごと紛失したことに気がついた。書類には、今年度に同大学を受験した高校生の名前や合否結果、大学・短大生の成績などが記載されていた。職員は府内の高校に受験生らの入試結果を伝えるため、関係書類を持ち出していたという。大学側は同日夜に大阪府警に紛失届を出したが、書類は見つかっていない。