[PR]

 私たちが胎児として母親のおなかにいる間は無菌状態で生きています。しかし、生まれた瞬間から膨大な種類と数の細菌に接触します。細菌は皮膚や、口から肛門(こうもん)までの消化管などにすみつき始めます。

 一般にこれらの細菌は「常在細菌」と呼ばれ、とくに体に悪いことはしません。むしろ、私たちがその後接触することになる悪い菌と戦い、防御してくれる細菌たちなのです。

 常在細菌のうち腸管内にいるものは「(常在)腸内細菌」と呼ばれています。私たちは生きている限り、この腸内細菌と共存することになります。成人の腸内細菌は数千種類、約1千兆個にのぼり、菌の重さだけで1・5~2キログラムにもなります。

 成人の腸の内面を広げるとテニスコート1面分に相当し、腸内細菌がまるでお花畑のように生息していることから「腸内フローラ(=花畑)」と呼ばれます。腸内フローラを形成する色々な能力を待った多種多様な菌たちは互いに協力したり、あるいは勢力を争ったりしながら、腸に流れてくるものを栄養として絶えず増殖し、便として排泄(はいせつ)されます。

 私たちの便の約半分は腸内細菌かまたはその死骸でできています。腸内フローラを形成する菌の代表は、バクテロイデス属、ユウバクテリウム属、ビフィズス菌属、腸球菌属などで、有名な大腸菌は実は全体の0・1%以下に過ぎません。

 腸内細菌の働きとしては、次のようなものがあります。

 ①病原菌の繁殖を防ぐ。②人が消化できない栄養分を分解したり食物繊維を消化したりする。③様々なビタミン類を生成する。④ドーパミンやセロトニンといったストレス管理に必要なホルモン物質を合成する。⑤体全体の免疫防御反応を調節する。

 しかし、腸内細菌が腸管以外の場所に感染した場合や、抗菌薬の使用によって腸内フローラのバランスが崩れた場合、腸内細菌が病気の原因にもなります。

 例えば、成人の1割は持っているクロストリジウム・ディフィシルという腸内細菌は、通常は悪さをしません。ただし、一般的な抗菌薬に対する抵抗力が強いため、抗菌薬が長期的に使用されると、その他の腸内細菌は死に、相対的にこの菌の勢力が大きくなります。すると、この菌は「偽膜性腸炎」という病気を引き起こし、下痢や腹痛を生じさせます。

 この病気を何度も再発する患者に対し、「さらに強い抗菌薬の投与よりも健康な人の便を十二指腸から注入した方が、治療効果が勝った」という論文が、世界でトップレベルの医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に2013年に掲載されました。腸内フローラを正常なバランスに保つことが、私たちの健康に極めて重要なことがわかる一例です。

<アピタル:弘前大学企画・今こそ知りたい! 感染症の予防と治療>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/hirosaki/(弘前大学大学院医学研究科臨床検査医学講座准教授 齋藤紀先)