[PR]

 囲碁の日中韓トップ棋士とAI(人工知能)による初の世界戦「ワールド碁チャンピオンシップ」は最終日の23日、大阪・梅田の日本棋院関西総本部で打たれ、韓国ランキング1位の朴廷桓(パクジョンファン)九段(24)が中国ランキング2位のミ昱廷(みいくてい)九段(21)に勝ち、通算3戦全勝で優勝を決めた。優勝賞金は3千万円。井山裕太六冠(27)は日本最強のAI「DeepZenGo」に敗れ、3連敗となった。(大出公二)