[PR]

 旧村上ファンド出身者らによる投資ファンド「エフィッシモキャピタルマネージメント」(シンガポール)が、東芝の発行済み株式の8・14%を取得したことが23日わかった。ファンドが同日付で関東財務局に大量保有報告書を提出した。4~5%を保有する他の大株主を抜いて筆頭株主になったとみられる。同報告書によると、15日時点で約3億4504万株を保有し、顧客資産の運用のための投資目的としている。

こんなニュースも