[PR]

 定年退職後、夫婦関係は変わりましたか。Reライフ読者に尋ねると、男性の7割が「変わらない」、2割が「よくなった」と回答。良好な関係を築くヒントを、男性側から探ってみました。

 「サイクリングで長い距離走って疲れた」

 大阪市に住む近藤太一さん(63)は、熊本市に住む妻の一惠(かずえ)さん(63)に、LINE(ライン)でメッセージを送った。炊飯器が壊れて困った、番組が面白かった、きょうの献立は……。一日に何度か、たわいのない出来事を、思いついたように報告しあう。

 離れて暮らして4年になる。実際に会うのは、年に数回程度だ。

 大阪で生まれ育った太一さんと、田舎暮らしが好きな一惠さん。太一さんは、仲間とのテニス、サイクリングに忙しい日々を送っている。一惠さんは、故郷の熊本に戻り、バードウォッチングやパッチワークを楽しんでいる。ゆるやかにつながりながら、それぞれが自分の生活を満喫する。

 2人は、そんな形を「卒婚」と呼ぶ。「一緒に暮らしている時と夫婦の近さは、そんなに変わった気はしていません」と太一さん。今回のアンケートにも、太一さんは定年後の夫婦関係について「変わっていない」と回答した。

 2人とも元教員。「卒婚」は4…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら