[PR]

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、民進、共産、自由、社民の野党4党は24日午前、国会対策委員長会談を開き、安倍晋三首相の妻昭恵氏と大阪府の松井一郎知事(日本維新の会代表)らの証人喚問を求めることで一致した。同日午後の与野党国対委員長会談で要求する。

 民進の山井和則国対委員長は「首相夫人の言い分と(森友学園の)籠池(泰典)理事長の言い分が真っ向から対立している。事実を明らかにするためには要求せざるをえない」と記者団に語った。自民党の二階俊博幹事長は記者会見で「(昭恵氏の喚問の)必要は全くない」「松井知事のご意向も聞いてみないと。大阪の人たちで話し合って結論を出せばいいのではないか」と述べた。

 野党4党が証人喚問を求めるのは昭恵氏と松井氏のほか、元財務省理財局長の迫田英典国税庁長官と元近畿財務局長の武内良樹同省国際局長らこれまで参考人招致を求めていた5人と、学園の元代理人弁護士。