【動画】映画「男はつらいよ」主人公・寅さんの妹さくらの銅像が完成=瀬戸口翼撮影
[PR]

 映画「男はつらいよ」の主人公・車(くるま)寅次郎の銅像がある京成電鉄金町線の柴又駅前(東京都葛飾区)に、妹さくらの銅像が建てられ、25日、除幕式があった。さくらを演じ、銅像のモデルにもなった俳優の倍賞千恵子さん(75)は「私の分身がいるみたいで感動しました。風の日も雨の日も雪の日も、ここに立ち続けることになるのでしょう。お兄ちゃんも、もう寂しくないでしょう」と語った。

 「見送るさくら」と名づけられ、高さ約45センチの台座の上にほぼ等身大の約1・6メートルの像が立っている。エプロンを着用し、ハイソックスを履いたさくらの姿を忠実に再現した。台座には「ある別れ」と題した原作者の山田洋次監督(85)によるメッセージが刻まれている。式に集まった約千人を前に、山田監督は「寅さん映画の撮影時と同じ街のたたずまい、人情、文化がいつまでも守られてほしい」と話した。

 約7メートル離れた場所にある「フーテンの寅像」(1999年完成)は四角いトランクをさげ、振り返るポーズだ。ファンの間では「視線の先にいるのは、さくら?」と話題になっていた。さくら像は、失恋して旅に出る兄を心配そうに見つめ、「お兄ちゃん、体に気をつけてね」などと声を掛けているようにもみえる。

 2015年12月、「柴又観光…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら