[PR]

 原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん=武藤類子共同代表)や全国の原発訴訟の原告代表らは24日、自主避難者への住宅無償提供の今月末での打ち切りの撤回などを求める計8万6971人分の署名を福島県に提出した。

 避難者らは県に対し、「避難者への住居保障は支援ではなく国や県の責務だ」と原発事故に対する国の責任が認められた17日の前橋地裁判決の趣旨をもとに主張。「家賃補助は全く不十分で、打ち切りと同時に我々の経済的困難と精神的苦痛を招く」と訴えた。

 県は、避難者への意向調査などで対象の約1万2千世帯のうち97%が4月以降の住宅を確保しているなどとし、未確定と回答したのは227世帯だったと説明。4月以降に一定の家賃補助(1年目月3万円、2年目2万円)をすることが「精いっぱい」とした。

 これに対し、避難者らは「一人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら