[PR]

 家庭向け電力販売が自由化されて1年を迎えるこの4月、関西の生活協同組合が電気の販売事業に参入する。多くは風力や太陽光発電を手がける発電事業者から電気を調達して、組合員に売るスタイルだ。きめ細かな宅配網が営業活動の強みになっている。

■再生エネをPR

 4月から新規参入する生協の一つが、近畿圏最大規模で組合員約168万世帯を抱える「コープこうべ」(神戸市)だ。平均的な使い方の家庭(月300キロワット時)の場合、関西電力の従来の電気料金より4・3%安くなる。電気は自前で持つ太陽光発電所で発電した分に加え、大阪ガスから買って調達する。初年度に3万件、5年後に9万件の獲得をめざす。

 「京都生協」(京都市)と「ならコープ」(奈良市)も4月から参入する。

 生協の電気が大手電力会社より安いのは、原発などの大きな発電設備や送電網を持たず、費用負担が少ないからだ。各生協とも、太陽光や風力などの再生可能エネルギーが入っていることをアピールする。「組合員から環境配慮型の電源を求める要望が強い」(コープしがの担当者)ためだ。

 近畿・中国の7組織で4月から電気販売を始めるグリーンコープは「原発に頼らない電源構成をめざす」という。料金は大手と同水準だが、原発でつくった電気は避けたいという世帯の取り込みを狙う。

 生協の参入は全国的だが、関西…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら