彦根城一帯に咲き誇る桜を題材にした写真展が、彦根市本町1丁目の洋菓子三中井蔵ギャラリーで開催中だ。元朝日新聞記者の中村憲一さん(70)が7年にわたって撮りため、自費出版した写真集「彦根城の桜」から20点を選んで展示している。4月12日まで。

 1969年に朝日新聞社に入社。2010年に近江八幡支局長を最後に退社して故郷彦根に戻ったのを機に、彦根城の桜の風景を写真で残そうと思い立った。

 約1200本の桜が石垣沿いに植わる城の周辺で、堀や石垣、櫓(やぐら)を入れ込んで桜を写せる風景を探して歩いた。観光客が主に訪れる表門から最も遠い、琵琶湖側の山崎曲輪(くるわ)では、特に豪華な桜が撮れたという。

 写真集には63点を選び、ルー…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら