[PR]

 サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選のタイ戦(28日、埼玉スタジアム)に向けて合宿中の日本代表は25日、負傷したMF今野(ガ大阪)とFW大迫(ケルン)、MF高萩(FC東京)に代わり、MF遠藤(浦和)とFW小林(川崎)が追加招集され、練習に合流した。

 23日に敵地で勝利したアラブ首長国連邦(UAE)戦で、今野は左足小指を骨折し、大迫は左ひざ付近を痛めた。高萩は試合には出場しなかったが、日本代表の活動中に右足の親指を骨折していた。

 長谷部(フランクフルト)、今野と中盤のボランチの選手にけが人が相次ぐ中、代役として期待される遠藤は「クラブでもずっと試合に出て、コンディション的には問題ない。自分の良さをしっかり出す」と語った。

こんなニュースも