[PR]

 消費者庁は28日、靴チェーン店「ABCマート」を運営するエービーシー・マート(東京都渋谷区)に対し、景品表示法違反(有利誤認)で再発防止などを求める措置命令を出した。自社が製造した商品にもかかわらず、チラシにメーカー希望小売価格を表記して値下げしたようにみせかけていたという。

 消費者庁によると、同社は2015年、計47商品について、自社製造なのに、メーカー希望小売価格を意味する「(メ)」印を用いて、「(メ)5900円→3000円 49%OFF」などと折り込みチラシに記載。メーカーの設定価格から小売りの営業努力で値下げした商品と誤解されかねない表示をしていたという。

 チラシは年4回のセール時期に全国で計約3790万枚配られ、割引率は9・2%~50%になっていた。希望価格として記載した価格は当初の販売価格だったという。

 同社は、「チラシ表示が適切に管理されていなかった」とし、昨年から自社製品への(メ)表示は中止したという。