[PR]

 トラを繁殖させて解体し、あらゆる部位を漢方薬や精力剤として不法に売りさばく「トラ牧場」が東南アジアや中国で増えている。野生のトラが激減し、密猟が難しくなったためだ。動物園や寺を隠れみのにした「トラ牧場」とその密売網を追った。

 トラ肉 1キロ5千バーツ(約1万6千円)

 骨 1キロ8万バーツ

 生殖器 1本3千バーツ

 タイ警察がトラ牧場から押収した捜査資料には、トラの部位の「卸値」が並んでいた。トラはタイやラオスで繁殖されると、巨大な消費地の中国やベトナムに流れていく。

 タイ西部の密林地帯。トラとの撮影で人気の寺院「タイガー・テンプル」に警察が踏み込んだのは昨年6月だった。147頭が保護され、幼いトラの死体60体や骨のお守り約1千個、毛皮2枚、解体に使われるナタなどが見つかった。

 4カ月後、行方不明だった住職が寺に戻った。柿色の法衣を羽織り、象牙が飾られた仏殿に腰掛けた。「門下の僧侶がやったことで自分は関係ない」。住職本人が語った翌月、タイ中部の牧場から105頭を買っていたことが、自然保護当局への取材で分かった。

 寺の40代の元僧侶に事実関係を問うと、飼育係として解体に関わったことを認めた上で、「毛皮を傷つけないよう慎重にはぐ。牙や爪は魔よけになる。トラに売れない部位はない」と語った。話しぶりに罪の意識は感じられない。

 寺のトラや製品は、どこに出荷されていたのか。

 警察が指摘するのは、動物密売の「ハブ」と呼ばれるラオスの牧場だ。

 ラオス有数の牧場「バナセン」…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら