【パノラマ写真】朝日新聞襲撃事件資料室を歩く=西村悠輔撮影
[PR]

 朝日新聞阪神支局襲撃事件から5月3日で30年。局舎3階には殺害された小尻知博記者(当時29)の遺品や襲撃事件の資料が展示されている。事件の記憶を伝える品々を紹介する。

■襲撃事件資料室を歩く:上

 1人掛けの黒いソファに、かすかに白線が残っている。

 小尻記者は撃たれた後、体を反転させ両ひざを床についた。合成皮革の座面に顔をうずめるように崩れた。その跡に捜査員がチョークでつけた印だ。

 1987年5月3日夜。記者3人が仕事に区切りをつけ、くつろいでいた応接セットは阪神支局2階のほぼ中央にあった。

 最初に凶弾を浴び重傷を負った犬飼兵衛記者(72)は、小尻記者の向かい側、3人掛けのソファに座っていた。背もたれの表面は、警察の捜査のために一部切り取られている。

 その後、小尻記者に2発目の散弾が放たれた。

 米国レミントン社製のピータース7・5号弾が使われた。プラスチック製円筒のカップワッズ(直径約2センチ、長さ約5・8センチ)に、直径約2・4ミリ、重さ約0・08グラムの鉛の粒が約400個詰まっていた。銃口から出た後にはじけ、鉛の粒が広がって飛ぶ。

 84年までに約1千万発が輸入された。鳥撃ち猟やクレー射撃のトラップ競技に使われ、日本で最も消費量が多かった。

 朝日新聞襲撃など一連の事件で散弾銃は四つの現場で使われ、捜査当局が「物」の捜査で最も重視した。ただ、盗難や紛失で闇社会に消えた銃は相当な数にのぼった。

 小尻記者の左脇腹に散弾が音速を超える速さでめり込んだ。その腹部などのエックス線写真は2003年に一連の事件の時効が完全に成立した後、捜査当局から関係者に返還された。散弾粒約200個が体内ではじけ散った状態を写しだす。

 搬送された関西労災病院(兵庫県尼崎市)で執刀した外科医によると、散弾は脾臓(ひぞう)を突き破り、胃の裏側ではじけた。鉛の粒は大動脈と、内臓に血液を送るため枝分かれした部分に大きな損傷を与え、膵臓(すいぞう)などの内臓もズタズタに。小尻記者は約5時間後、失血死した。

 重傷を負った犬飼記者の右手のエックス線写真もある。小指が吹き飛ばされ、薬指と中指も砕くように傷つけられた。

 そのとき、小尻記者は、ブルゾンを身につけていた。青みがかった灰色の薄い木綿の生地。かなりの部分が血に染まり、褐色に変色している。

 左脇腹のあたりには、縦約4センチ、横約9・4センチの卵形の穴。約1メートルの至近距離で放たれた散弾は、ここから入った。手術のため、胸元の部分が横一文字に切り裂かれている。

 妻裕子さんの見立てで購入し、お気に入りだったらしい。事件1週間前に撮られた遺影も同じブルゾン姿だった。事件の風化を防ぐためならと遺族が了承し、発生20年を機に公開した。

 小尻記者が座っていたソファの上に短冊が置かれている。

 《吾子(あこ)の座のソファー白線梅雨じめり》

 資料室には、ほかにも句がつづられた短冊を所蔵している。

 小尻記者の母みよ子さんは事件後、チラシに思いを書き付け始め、勉強を重ねて俳句結社に参加。息子を突然奪われた悲しみや無念を句に託した。02年4月、371句を編んだ句集「絆」を出版した。

 《憲法記念日ペンを折られし息子の忌》

 《ことごとく思いは同じなぜなぜと》

 みよ子さんは15年7月15日、84歳で亡くなった。(中村尚徳、阿久沢悦子)