【動画】朝日新聞襲撃事件資料室を訪ねて 阪神支局襲撃から30年=西村悠輔撮影
[PR]

襲撃事件資料室を歩く:中

 30年前、朝日新聞阪神支局襲撃事件で重傷を負った犬飼兵衛記者(72)が取材で使っていたステンレス製ボールペン。

 1987年5月3日夜、目出し帽をかぶった男に散弾銃で撃たれたとき、上着の左の内ポケットに入れていた。軸の真ん中より下の部分に弾が当たり、ゆがんでいる。できた穴は11個。表面は変形し、銀色の輝きを失っている。

 犬飼記者は2、3メートルの距離から200個以上の散弾粒を浴びた。右手の小指と薬指を失い、左ひじや腹部にも鉛の粒が侵入した。そのうちの1個は心臓まで2ミリのところで止まり、致命傷にならなかった。

 このボールペンと一緒にポケットに入れていた財布が「盾」となった。

 財布は光沢のある茶色でヤツメウナギの皮製。よく見ると、散弾による小さな穴が複数開いている。財布の中に入れていた運転免許証や名刺にも同じような跡がある。搬送先の病院で同僚が財布を手に取ると、中から散弾粒15個が床にこぼれ落ちた。

 犬飼記者は事件から1年後、兵庫県淡路島の洲本支局長として取材の第一線に復帰した。「ボールペンと財布が命を守ってくれた」。そう語っていた。

 阪神支局襲撃後、東京都内の二…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら