[PR]

 全国銀行協会会長に1日付で就任した小山田隆・三菱東京UFJ銀行頭取が朝日新聞の取材に応じた。日本銀行のマイナス金利政策で低金利が続き、銀行業界は国内の貸し出しで収益を伸ばすのは難しい。小山田氏は「(預金金利と貸出金利の差の)利ざやの回復や収益の反転は期待しがたい。銀行自身のビジネスモデルを見直すタイミングだ」と述べ、業務の効率化などにつながる経営統合も「一つの重要な選択肢だ」とした。マイナス金利政策については、住宅ローン金利の低下などの利点を挙げたが、「設備投資の刺激や実需の喚起という効果は必ずしも発揮されていない」とも指摘した。

 貸付残高が急増し、過剰融資が批判されている銀行カードローンについては、「行き過ぎがないか、各行が自ら点検することが必要だ」としたが、消費者金融などと同様に貸付額の規制を行うことに対しては「(銀行にも)一律にやればお客様の利便性を損ねることもある」と慎重な姿勢を示した。(藤田知也)

こんなニュースも