[PR]

 国連が定めた世界自閉症啓発デーの2日、障害のある人も性的少数派も誰もが楽しく町に出る「まぜこぜの社会」を目指したキャンペーン「Warm Blue 2017」が、渋谷区など都内各地であった。

 渋谷区役所仮庁舎前には車いすの人、奇抜なファッションの人らが集まった。呼びかけた一般社団法人「Get in touch」代表で女優の東ちづるさんは「多様性はまだ言葉ばかりでなじんでいない。いろんな人が町に出ているのが本来の姿と体感してほしい」と話した。

 自閉症啓発デーでは東京タワーなど世界各地で、テーマカラーの「青」でライトアップされるイベントがある。それに合わせ、青に装飾した車10台とオートバイ「ハーレーダビッドソン」21台がそろって仮庁舎前を出発してパレードした。

 区立神南小では足や目の不自由…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら