[PR]

360度動画「いきもの目線」

 歌舞伎役者が化粧をしたような端正な顔立ち。背中の白いたてがみが特徴で、映画「もののけ姫」に登場する白イノシシの乙事主(おっことぬし)を連想させる。

 風が冷たい1月末、よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)で飼育されている4頭のアカカワイノシシのうち、3頭のオスの360度撮影をした。

 実は昨年、2度の撮影に失敗している。カメラに近づくのはいつも1頭だけ。飼育員の鈴木志穂さん(23)によると、アカカワイノシシは群れで生活するため、順位争いがあり、強い個体がエサを独り占めするという。せっかくの360度撮影。2頭でもいいから、カメラの周りにくるようにエサで誘導できないものか。

 鈴木さんと作戦を練った。バックヤードから出て約5メートルの場所にカメラを設置。一気にカメラに近づかないよう、手前にニンジンやリンゴを離してまいた。結果は……1、2回目は1頭ずつしか来なかったが、3度目の撮影でほんの数分間、2頭がカメラに近づく様子が撮影できた。

     ◇

 アカカワイノシシは中部アフリカの森林や水辺近くにすむ。小型のイノシシで、オスの体重は60~80キロ。体は赤茶色をした毛で覆われ、耳先の長い飾り毛と、背中の白いたてがみが特徴。背中の毛は興奮すると逆立つという。オスの顔には左右にイボがある。(竹谷俊之)