[PR]

 2019年にアジアで初めて開催されるラグビーワールドカップ(W杯)を記念した特別仕様のナンバープレートが3日、全国各地で交付された。15年の道路運送車両法改正で認められた、図柄入りのプレートの第一号となる。

 全国12会場の一つ、愛知県豊田市の豊田スタジアムではPRイベントが開かれ、ラグビー選手が公用車に特別仕様のプレートを取り付ける様子などが披露された。国土交通省中部運輸局や愛知県、豊田市が企画。国土交通省によると、先月30日までに全国で9149件の申し込みがあった。大会が終わる19年11月まで申し込める。(吉本美奈子)

こんなニュースも