[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権男子シングルで、3大会ぶり2度目の優勝を果たした羽生結弦(ANA)が4日、羽田空港着の航空機で帰国した。

 金メダルを下げて、約500人のファンに出迎えられた羽生は「(ソチ)五輪後を彷彿(ほうふつ)とさせる長い列で迎えて下さり、気持ち良く帰国することができた」。

 ショートプログラムでは5位と出遅れたが、フリーでは圧巻の演技で自らの持つ世界最高得点を更新して逆転した。「苦しいシーズンだったが、最後にレベルの高い試合で優勝でき、成長できた部分がたくさんあった」と振り返った。

 今したいことを問われて「練習」と即答。五輪2連覇がかかる来季に向けては「自分の演技をどれだけ突き詰められるかが勝利に直結する。曲選びも確実に自分の魅力が出るものじゃないといけない」と語った。

 銀メダルを獲得した宇野昌磨(中京大)も、この日帰国。昨季7位から飛躍を遂げ、「満足のいく演技ができた」と笑顔だった。

こんなニュースも