【動画】本物のムカデのように動き回るロボット=石倉徹也撮影
[PR]

 本物のムカデのように動き回るロボットを大阪大などのチームが開発し、4日公開した。全長1・3メートル、重さ約1・7キロ。内蔵するモーターで32本の脚を動かし、木の枝や石も軽々と乗り越える。

 人工知能(AI)のような高度な制御機能はあえて使わずに、生き物らしいしなやかな動きを再現しようと試みた。チームの大須賀公一教授(制御工学)は「市販のモーターや電池を使い、おもちゃのように単純な構造です」と話す。

 ロボットには節がたくさんある。このため、凹凸や障害物があると体が自然とくねくね動き、ムカデらしい「気色悪さ」を実現できたという。(石倉徹也)