[PR]

 韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する「少女像」が設置されたことへの対抗措置として一時帰国していた長嶺安政・駐韓大使が4日夜、85日ぶりに韓国へ帰任した。長嶺氏は5日以降、韓国政府要人を回り、像の撤去を直接働きかける方針だ。

 長嶺氏は4日夜、ソウルの金浦空港に到着、記者団に「安倍(晋三)首相や岸田(文雄)外相のご指示を踏まえ、早速にも黄教安(ファンギョアン)・大統領代行(首相)その他要人の方とお会いし、(慰安婦問題での)日韓合意の実施を強く求めていく考えだ」と述べた。長嶺氏とともに一時帰国していた森本康敬・釜山総領事も同日、韓国に戻った。

 長嶺氏は5日以降、黄氏らと会談し、安倍首相らの意向を直接伝える考えだ。

 長嶺氏は帰任に先立ち、4日午…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら