[PR]

 住民の安否情報、近くの避難所など、自分に必要な災害情報がスマートフォンやタブレット端末に届きます――。そんなシステムを米原市が導入した。専用の無料アプリを使って、自治会のお知らせなどを含めたきめ細かな情報を登録者に迅速に届けられるとして、市は普及を目指している。

 市はこれまで災害情報を屋外のスピーカーで伝えたり、市のホームページを更新したりして発信していた。市はこれらに加え、昨年度にNTTデータ関西にシステム開発を委託し、「米原市防災アプリ」をつくった。

 アプリをスマホなどにダウンロードすれば、市内外どこに住んでいても利用できる。自分の住所などを登録すれば、災害時の住民の安否情報や避難所、周辺の防災マップなどの情報を見ることができる。スマホなどを持っていない人向けにも、固定や携帯の電話を操作すれば音声で情報を聞くことができるようにした。

 平常時にもシステムを使っても…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら