【動画】絶景が広がる青ケ島は、子どもの数が少なく、学校の存続が危ぶまれている=中山由美撮影

 青ケ島は島民約160人。この日本一人口が少ない村に新入生がやって来た。今春、子どもがいる転勤者が来たおかげで、小学生は2倍の10人になったが、学校存続が危ういのは変わらない。「親子で島へ」を狙って村は動き出す。

 青ケ島は伊豆諸島最南端の有人島で、行き着くのは日本一難しいとさえ言われる。二重カルデラの不思議な地形が世界的にも珍しい「東京の秘境」だ。

 夜、伝統の還住太鼓の音が響き、子どもが集まって来た。稽古の合間に追いかけっこが始まる。兄弟姉妹のように育ってきた。同い年がいなかった広江もみじさん(10)は「学校の授業はずっと先生と2人だけ。あてられるのが私しかいない」と話していた。

 「このままだと近いうちに中学…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら