[PR]

 2014年に山梨県内の20代女性宅に侵入し、乱暴したとして強姦(ごうかん)と住居侵入の容疑で逮捕されたNHK山形放送局の元記者弦本(つるもと)康孝容疑者(28)=住居不定、無職=について、山梨県警は、13年に県内の別の女性が自宅で乱暴された事件にも関与した疑いがあるとして、強姦致傷と住居侵入の疑いで6日にも再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、弦本容疑者はNHK甲府放送局に勤務していた13年、県内の一人暮らしの女性宅に侵入し、乱暴してけがを負わせた疑いがある。現場の遺留物と弦本容疑者のDNA型が一致したという。

 甲府地検は5日、14年の事件について、強姦と住居侵入の罪で弦本容疑者を甲府地裁に起訴した。起訴内容を否認しているという。弦本容疑者は16年2月に山形県内で20代女性宅に侵入して乱暴し負傷させたとして、強姦致傷と住居侵入の罪で今年2月に山形地裁に起訴されている。