[PR]

 戦前・戦中の「教育勅語」を教材で使うことを認めた政府答弁書に対する野党の批判について、菅義偉官房長官は5日の記者会見で「戦前回帰との指摘は全く当たらない」と反論した。「政府として教育勅語を教育現場で積極的に活用する考えは全くない。現行の憲法や教育基本法に沿って適切に対応していく」と改めて説明した。

 野党からは政府答弁書について、「いざという時にはお国のために身を差し出そうというのが教育勅語の本質だ」「戦前回帰の安倍政権の動きを如実に表す」といった批判が出ている。

こんなニュースも