[PR]

 トランプ米大統領は5日、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したと断定し、「私にとっての、多くの一線を越えた」と強く非難した。ヨルダンのアブドラ国王との共同記者会見で語った。

 トランプ氏は化学兵器の使用が「昨日起きたことを私は受け入れられない。大きな衝撃だった」とした上で、「私のシリアとアサド(大統領)への態度は大きく変わった。(事態は)全く違うレベルになった」と話した。

 トランプ政権は、オバマ前政権と異なり、ロシアが後ろ盾になっているアサド氏の退陣を求めないことを示唆してきた。方針転換する可能性がある。

 またトランプ氏はオバマ前政権…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら