[PR]

 佐藤天彦(あまひこ)名人(29)と稲葉陽(あきら)八段(28)の同世代2人が顔を合わせた第75期将棋名人戦七番勝負。対局が始まった6日午前から、互いに先を見据えた読みあいが続いている。

 開始前、大和証券グループ本社の日比野隆司会長が振り駒をして、佐藤名人が先手番に決まった。後手番の稲葉挑戦者の誘導で戦型は横歩取りに。稲葉挑戦者は飛車を8四ではなく8五に据え、より攻撃的な布陣とした。佐藤名人は2手連続で1筋の歩を突き、相手の攻めを誘っている。

 解説を務める副立会人の鈴木大介九段は「稲葉挑戦者が、ここで仕掛けてうまくいくかどうかを考えている局面です。午後は長考の応酬になるでしょう」と話した。(村瀬信也

 〈指し手〉先手・佐藤名人 ▲2六歩△3四歩▲7六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛△3三角▲3六飛△2二銀▲8七歩△8五飛▲2六飛△5二玉▲7七角△7二銀▲6八銀△7四歩▲5八玉△7三桂▲1六歩△2三銀▲1五歩

こんなニュースも